とまる、ほほえむ

とまっても、
宇宙は廻る。

何十年の経験で、
思うこと。

怒っている人のパソコンから、
順番に不調をきたす。

止まる、見つめる、
今の作業を、愛する。

閃きが、ほほえみかける。

未来の順番は、
今の自分の向こう側。

| | コメント (0)

美しいスピーチには防御不要

https://www.lifehacker.jp/2017/08/170810_how-amazon-ceo-jeff-bezos-deals-with-criticizing.html

AmazonのCEOであるジェフ・ベゾスの言葉です。

”気に障る書き込みを見つけたときは、街角に立って、道行く人を眺めてみましょう。

誰一人、あなたのことを考えている人はいません。

最後に、アメリカでは、憲法や文化的規範により、言論の自由が広く認められていることを肝に銘じなければなりません。これに反して、言論の自由に恐怖の雰囲気を与えてはならないのです。

何よりも重要なことは、美しいスピーチには防御が不要であること。防御が必要なのは、ひどいスピーチなのです。

一歩引いて、この社会の素晴らしさを思い出しましょう。

そう、我らが文化的規範では、どんなにひどい発言も許されるのです。

彼らを自宅のディナーパーティーに招待する必要はありませんが、発言は自由にさせるべきなのです。

| | コメント (0)

人が在るから、仕事がある。

仕事があるから働くのでしょうか。

仕事があるから、必要とされる、
貴方の価値が、それで、よいですか?

わたしは、

人が在るから、
仕事を創ろうと、

スタッフと共に働く理由を、
お客さまに出会う感謝を、
そこに置いて働いています。

| | コメント (0)

闇の理由

明けない夜はない、

音もなく、
昨日の門へと、
闇は消え、

新しい、
今朝への門が開く。

おはよう、今日さん、
来てくれて、ありがと。

| | コメント (0)

転職した友人がダメージを受けて、
履歴書を見てほしいと頼まれました。

謙虚さと自信が、複雑に入り混じり、
心境を映し出した履歴書に胸が痛みました。

「経歴書:
自分の過去を完成させよう。
自信は事実に宿る、、
想いの深い事実として書こう。」

履歴書:
情熱をもって働いた時の想いを、
希望欄に書いて。」

頭脳明晰かつ優秀な彼には、
たったこれだけで伝わったようでした。

経歴書の書式も、
昇順の年代式から、
ほかの様式へ書き換えていました。

 迷うなら、トコトン真摯に迷い、
  救うなら、自分を救え。

彼が、そして彼を支えるご家族が人生を取り戻し、
想いのある職場へ、歩みを進められる予感がする、
そんな履歴書になっていました。

嬉しい、人が人であれることが、ただただ、嬉しい。

☆祈

| | コメント (0)

こころのカット絆

ゆびを切れば、カットバンを貼る
強烈に切れば、医者へ行き、針で縫う。

なのに、こころを切ると、

傷口や流血を、

軽傷は、見ぬふりをして、
激痛ほど、隠してがまんして、

痛みを語る頃にはもう、
手が付けられなくて、
「なぜ、わたしだけケガをするの?」
と、被害者になり、

医者でもない、
同じようなケガだらけの人に、
痛みの同意を求める。

お心当たりのある人、
身近なそんな人に胸を痛めている人、

春ですね。こんな本がありますよ?

NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法    

| | コメント (0)

同窓会について。

2012年11月2日、わたしたちのトレーニングセンターも含めて、インフラの仕事をしていた仲間、橋崎徹が永眠してから、間もなく4年が過ぎます。

翌日、長年11月3日と決めて続けていた同窓会を終えてから仲間にこの出来事を伝えた時、もう11月3日を同窓会とすることはできない落ち込みに、スタッフ全員が見舞われました。そして11月の第2週へと開催日を変更をしたとたん、11月の第2週でたった2回の同窓会を開いただけで、昨年からこの日へ岡山マラソンが新設されるようになり、その影響でホテルが埋まり、同窓会へお越しくださるご遠方の方々が泊まれない事態になっています。

あれこれ考えましたが、このトレーニングセンターを支えてくれた彼に、わたしたちスタッフが感謝して忘れていない、その元気を証かすためにも、来年からになってしまいますが、例年どおり11月3日に、

わたくしたちピコシステムトレーニングセンターに関わっていただいたすべてのひとが、1年に1度は、戻れる場所がある、と思い出していただくために始めた同窓会を、・・もとどおりに、開催しようかなと、思っています。

言い訳が長くなりました。今年も同窓会開催のめどは立ちませんでした。

来年、いつものように、11月3日に、みなさまとお会いできるよう、企画したいと思っています。ご意見、いただけましたら嬉しく思います。

| | コメント (0)

ホームグラウンドで渾身のプレゼン設計研修終了しました。

どこにもない実践の研修だと自負した渾身の企画でした。

たくさんの懐かしい出会いありがとうございました。

・・ホームグラウンドでの渾身の企画は、
10年ぶりくらいではないでしょうか。

継続していきたいと思っています。

20160917

(アンケート抜粋)

*ありがとうございました。個人的に、いろいろな想いを込めて受講させていただきました。プレゼンテーター/インストラクターとしての反省点とともに、わからなくてモヤモヤしたところが「目からウロコ」ですっきりしました。次回ぜひ参加したいと思います。本当にありがとうございました。

*再確認と自分になかった視点に気づくことができました。設計するために考えること、華ことば・行動と言葉・熱・・・来週から取り組んで企画していきます。今日はアッという間でした。集える場所としてまた来ます。ありがとうございました。

*今日学んだことを今後十分に活用していきたいです。長年インストラクターをしてきて、当たり前のことができていなかったことがよくわかりました。また参加したいです。ありがとうございました。

*現在の自分への確認と自信付け。今回、本当に参加できてうれしかったです。次回も必ず声をかけてくださいね。ありがとうございました。

*様々な職場の方とご一緒させていただき、大変貴重なお話を伺えてよかったです。セミナーの内容はもちろん、いろいろな方とお会いできることが嬉しいです。これからも是非続けてください。お願いします。本日はありがとうございました。

| | コメント (0)

そして・・・

残暑お見舞い申し上げます。
昨日は大雨のあと、涼しい風がとおりましたね。

さて、今のマイブーム「そして」つなぎトレーニング。

ふつうの会話

「大掃除をしたんですけど、こんな部品が出てきてしまったんですけど、これって、要りませんよね」

そしてつなぎの会話

「大掃除をしたの。そして、こんな部品が出てきました。そして、これ・・・要りませんね!」

聴く人のストレスが減ると、話す人も話しやすいですね。

| | コメント (0)

努力が得意な人、苦手な人。方向があっている人、いない人。

多くの志を持つ方々とお会いしていて、気づいたことがあります。

運動の得意苦手があるのと同じように、努力にも、得意な人と苦手な人がいるということです。

そして、案外と、努力が得意な人の方が、ふしあわせと戦っている時間が長いのじゃないかな、ということ。

このグラフを見ると、「賞賛」を得ることと、「共感」を得ることの違いがわかります。

わたしたちの仕事は、「賞賛」と「共感」、このゴールをはき違えると、努力を重ねても重ねてもつらい仕事、になるんじゃないかな?

願いや努力の、深さ強さ、よりも、やはり、ゴールへの共感をさそう方向をもって進む熱さ、が、わたしも好きですね。

45622697x477

| | コメント (1)

«心をこめて、本を書きました。